とあるお仕事が母の死に間に合わなかったという話

  • 2019.01.31 Thursday
  • 17:36

 

みなさん、ご機嫌いかがでしょうか。

ヒエです。

 

人生に「たられば」はないんだけど

一瞬だけそんなことを考えました。

 

母はもうこの世にはいませんが

もし生きていたら先日僕がさせていただいた

お仕事を聞いてどんなリアクションをしたのだろう。

 

母は約30年前からあるプロレスラーのファンでした。

ファンというより追っかけと呼んだほうがいいのかな。

その熱の入れようは、父親だけでなく、僕と妹も巻き込む始末

 

リングサイドに陣取って大声で声援を送るわけでもなく

無言で観戦するマニアの母親。週プロにもよく映り込んでいました。

 

お仕事でご一緒させていただいた時に母親のことは

もちろんおぼえてくださっていたのですが

その息子が僕だと聞いた時はお互い「ご縁」だね。

ということになりました。

 

僕がもう少しハイペースで仕事をしていたら

母の命が尽きる前に実現したのだろうか。

 

母が生きていたら

母が生きていれば

人生に「たられば」はないんだけど

そんなことを一瞬考えた母の命日